東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

中古を買ってリノベーション

中古を買ってリノベーション
中古を買ってリノベーション
リノベーション中古マンション

クオリアには、新たに中古物件を取得して、入居前にリノベーションをしたいというかたが多くご相談にいらっしゃいます。


新たに家を探すときに、中古まで範囲を広げれば、ご希望に合う住まいが見つかりやすくなるのは言うまでもありません。
自分の希望どおりにリノベーションして住むことを前提として、中古で気に入った箱を見つける。元の家さえしっかりしていれば、とても合理的な家探しのスタイルです。


クオリアでは、「中古を買ってリノベーション」の経験が豊富なスタッフが、中古物件の課題をふまえて最適なプランをご提案するのはもちろん、物件購入のご契約からご入居までの期間をできるだけ短く、スムーズに進むように努めています。
エリアやご予算などのご希望を伺ったうえで不動産会社をご紹介し、リノベーションを前提とした中古物件探しも行っておりますので、お気軽にご相談ください。




中古を買ってリノベーション

Q. 新築よりも中古物件を買ってリノベーションしたほうが、物件購入価格と合わせても安く抑えられると言いますが、本当ですか。
A. 多くの場合は安く抑えられますが、中には築年数の古い一戸建てを全面的にリノベーションする場合など、新築とそれほど変わらなくなるケースもあります。
出来合いでなく、自分好みの空間を創りあげられるということを考えれば、「中古購入×リノベーション」はお得といえるでしょう。


Q. 年数が経っている物件は、見えない部分がどうなっているか心配なのですが、どうしたらよいですか。
A. 隠れた配管、床下、壁の内側など、壊してみるまでどのような状態になっているかわからないことが多いのは、どうしても避けて通れない問題です。
ただし、目視や竣工図からも、ある程度の想定は可能です。売主の了解が必要ですが、費用をかけて詳細な調査を行える場合もあります。
購入希望の物件が見つかったら、まずはできるだけ早い段階で経験豊富な専門家に見てもらうのがよいでしょう。


中古を買ってリノベーション


Q. リノベーションを前提として中古マンションを買うときに、気をつけることはありますか。
A. 以下に挙げることはプランニングの制約になることが多いので、目視や竣工図、管理規約などで、確認しておく必要があります。その意味でも、できるだけ早い段階で経験豊富な専門家に見てもらうのが安心です。
構造壁、柱、梁は、撤去したり、穴を開けたりすることができません。低層マンションで壁構造(柱や梁を用いず、壁や床などの組み合わせで支える構造)の場合など、室内にも構造壁があって間取りが制約されることがあります。
マンションでは排水管の位置が決まっているため、トイレ、キッチン、浴槽、洗面化粧台など水まわりの位置に制約があります。直床(コンクリートスラブに直にフローリングやカーペットなどを施工)はもちろん、二重床でも排水管の勾配が確保できないことがあります。
マンションでは外部への排気口の位置が決まっているため、キッチン、浴室、洗面室などからの排気ダクトの位置に制約があります。
パイプスペース(上階と下階をつなぐ給排水やガス管などの共用配管スペース)は、動かすことができません。
窓サッシ枠、玄関ドアの外側は共用部のため、交換することができません(マンションによって取扱いが異なることもあります)。
マンションによっては、フローリング、タイルなどの床材を自由に選べないことがあります。
通路やエレベーターが狭く、大きな材料を運び込めないことがあります。


top