東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

プロセス

STEP01

私たちが工事予定地または現在のご自宅に伺うか、オフィスにお越しいただき、ご希望をくわしく承ります。既存の図面や資料があれば ご用意ください。提携している不動産会社を通じて、中古物件のご紹介も行っています。現地への同行やアドバイスも行っていますので、 お気軽にご相談ください。

STEP01

ヒアリングをふまえて、プレゼンテーションプランを作成。平面図とコンピューターグラフィックにより、現状と完成後のイメージなら びにライフスタイルを具体的にご提案します。概算見積書も提出して、ご予算の検討も行っていただきます。

STEP01

プレゼンテーションプランを気に入っていただけたら、「プランニング業務委任契約書」を交わしていただき、次のステップに進みます。 プランニング業務報酬は、概算見積金額の3%を内金としていただきます。クオリアで工事請負契約をご締結いただいた場合、プランニ ング業務報酬金額は、工事請負金額(ご契約金)から差し引いてご清算します。なお、プランニング契約を交わしたあと、プラン内容の 変更に追加費用はかかりませんので、ご安心してじっくりとお打ち合わせいただけます。

STEP01

あらためて工事予定地にお伺いし、再度くわしく調査させていただきます。躯体の状態など構造に関わることはもちろん、給排水設備や電気設備の状況は、間取りの実現可否を考えるうえでたいへん重要です。近隣との関係など、プライバシーに関わる要因なども確認して おく必要があります。

STEP01

ショールームやインテリアショップなどをご案内して、商品の打ち合わせを行います。リノベーション後の暮らしぶりをふまえて、設備 機器、仕上げ材などの仕様や色を決めていきます。

STEP01

ショールームのご案内と並行して、図面と仕様書にもとづくお打ち合わせを重ねます。できあがった空間のイメージを共有しながら、間取りはもちろん、家具や建具を含めたディテール、照明やコンセントの位置などを決めていき、設計図書(平面図、展開図、設備図、家 具図、仕様書など)を詰めていきます。なお、木造住宅の場合は、耐震診断にもとづく耐震改修計画も策定し、設計に反映します。

STEP01

じっくりとお打ち合わせを重ねたうえでプランを確定し、設計図書と見積金額にご納得いただいたうえで「工事請負契約書」を取り交わします。工事請負金額については、ご契約時に30%、中間1回目30%、中間2回目30%、お引き渡し時に10%をお支払いいただき ます(請負金額1,000万円以上の場合)。
(注)クオリアの「工事請負契約書」は、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターの標準書式に基づいています。

STEP01

着工前には、設計図書をもとに、あらためて現場でお客様といっしょにプランや工事内容の最終確認を行います。なお、工事前の近隣あいさつや、マンションの管理組合等に対する必要な手続きは弊社で行いますので、ご安心ください。

STEP01

クオリアのスタッフが責任を持って施工管理を行い、品質の高い工事を実現します。躯体や配管、配線などの隠ぺい部については、後からでも状況がわかるように写真を撮影し、記録していきます。
なお、工事中は、定期的にお客様に現場にお越しいただき、進捗状況のご説明とお打ち合わせを行いながら進めますので、ご安心ください。

STEP01

お引き渡し前には自主検査を行い、仕上がりをチェック。手直しの必要がある場合は、責任を持って対応します。 お引き渡しの際も、必ずお客様にお立ち会いいただき、自主検査の結果をご説明。イメージどおりに仕上がっていることをご確認いただ いたうえで、お引き渡し書、保証書、取扱説明書などをお渡しします。

STEP01

お引き渡しから1~3か月を目安に、工事後の点検にお伺いします。気になることや、お使いになってわからないこと、追加工事のご希望など、お気軽にご相談ください。

STEP01

クオリアでは、リノベーションの工事が終わってからこそ、本当のお付き合いが始まると考えています。
定期点検や保証書にもとづくアフターサービスはもちろんですが、心が通った末永いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

top