東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

リノベーション事例

実例 照明とフロストミラーで巧みに演出した「光の邸」

リノベーションをしようと思ったきっかけを教えてください。
利便性の良さを気に入って駅前のタワーマンションを購入したのですが、それぞれの部屋が狭く、内装も気に入らない。梁や配管のため天井が段差だらけで圧迫感が強く、入居前に何とかしたいと思っていました。

どんなご希望があったのですか。
私たち夫婦は二人とも仕事をしており、あまり家にいないので、家で過ごすときは日常を離れられるような空間にしたかったんですね。「スミソニアン博物館のようにしたい」という漠然とした希望はありました。スミソニアン博物館は複数の博物館から成り立っているので、あくまでもイメージでしたが(笑)。

完成しての感想をお聞かせください。
壁面をフロストミラーにして床下から照明を当てる「光の壁」、天井にカーブをつけて自然に視線が流れていくことで圧迫感を解じさせない工夫など、豊富なアイディアを盛り込みました。イタリアから取り寄せたハンドメイドのワイヤー照明も繊細な美しいフォルムですね。何より、そこにいるだけで心地良い、麗しい空間に仕上がっていて、本当に気に入っています。

これからリノベーションをするかたへのアドバイスをお願いします。
これだけは譲れない、という要望をしっかり伝えたら、基本的には専門家の提案をよく聞くことでしょうか。私たちだと、どうしても全体を考えずに細かいことばかりに目が向きがちですが、専門家はライフスタイルや空間デザイン、コストや工期までトータルに考えたコーディネートをしてくれますからね。

リノベーション 東京
top