東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

リノベーション事例

実例 築年数:33年 大理石とウォールナットの素材感が映える居心地の良い空間

リノベーションをしようと思ったきっかけを教えてください。
同じマンションの別の部屋に住んでいたのですが、広い部屋が空いたので、そちらに移ることにしました。前の部屋でもリフォームをしたのですが、この部屋は終の棲家にするつもりなので、妥協しないで理想の住まいを創り上げたいと思っていました。
何社か相談に乗ってもらったのですが、感性が合い、親身になって考えてくれたクオリアにお願いすることにしました。


どんなご希望があったのですか。
将来は家で過ごす時間も長くなるので、何より居心地が良い空間にしたかったですね。また、二人とも料理が好きで、友人を招くことも多いので、キッチンにはこだわりたいと思っていました。
前に住んでいた部屋よりも下の階のため、陽の光がそれほど入らず冬は寒いので、明るさを感じられるような空間にして、断熱性能も向上させたいというのも希望でした。


完成しての感想をお聞かせください。
LDKは広々とした間取りに変え、ベージュの大理石とウォールナットの造作家具、ドア、キッチンを組み合わせ、明るくかつ高級感のある空間になりました。キッチンは特注で製作したのですが、側板のウォールナットと天然石を加工した輝きのある天板が気に入っています。
玄関と廊下の床にはダークブラウンの大理石を赤い大理石でふち取り、壁には凹凸が印象的なタイルを採用し、ラウンジのような雰囲気を演出。寝室は落ち着いた空間になるように、カーペット、壁紙、カーテンなどをコーディネートしました。
リビング、キッチン、寝室それぞれに収納スペースをたっぷり用意してもらったので、すっきり整理することができます。新たに断熱工事も行い、美しいデザインと暮らしやすさ、どちらも実現することができました。
最終的なプランが固まるまで何度も何度も変更を重ね、工事が始まってからも細かい打ち合わせを重ねながらじっくりと造りこんでいったのですが、本当に満足のいく住まいになりました。職人さんたちもとても丁寧な仕事をしてくれて、感謝しています。


これからリノベーションをするかたへのアドバイスをお願いします。
今の理想的な住まいができあがるまでには紆余曲折があり、ずいぶん時間もかかりましたが、振り返ってみるととても楽しいプロセスでしたね。それは、「理想の住まいを創る」という目的に向かって、クオリアのみなさんと、信頼感を持ちながら率直に意見を交わし合うことができたからだと思います。
設計の段階はもちろんですが、工事中であっても臨機応変に親身になって対応してくれる、そんなパートナーを得ることが重要ではないでしょうか。

top