東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

リノベーション事例

実例 生まれてくる子供と過ごすナチュラルな柔らかい空間
リノベーションをしようと思ったきっかけを教えてください。

賃貸に住んでいたのですが、子供が生まれることになり、出産前に新居に引っ越そうと思ったのがきっかけです。最初からリノベーションを前提として、中古物件を探して購入しました。


実は、不動産を仲介してくれた会社とリノベーションの相談もしていたのですが、私たちの意向がうまく伝わらなかったり、話が思うように進まなかったりしたため、途中からクオリアに相談することにしました。


どんなご希望があったのですか。

北欧のインテリアが好きなので、それが似合う明るくナチュラルな住まいにしたいと思っていました。ポイントにアクセントカラーを入れて遊び心のある空間にしたい、というのも希望でした。
あとは、限られた空間の中で、できるだけ物が散らからないように、収納に関しては持っている物の寸法を綿密に計算して設計してもらいました。
細かいことですが、スイッチのデザインにはこだわり、気に入ったものを選びましたね。


完成しての感想をお聞かせください。

築41年経っているマンションだったので、どこまでできるか不安もあったのですが、まさに「こうしたい」と思っていた空間ができあがって満足しています。
床のフローリングは木目が美しいオーク、壁や天井は珪藻土で、柔らかい雰囲気に仕上げたかったのですが、実現することができました。まだ子供が小さいため、家で過ごす時間が多いのですが、居心地が良く快適です。
書斎スペースの壁や入口は、デザイナーと話し合って、曲線を描くようにしてもらったのですが、このデザインもとても気に入っています。


これからリノベーションをするかたへのアドバイスをお願いします。

今回、不動産を仲介してもらった会社とのリノベーションの打ち合わせがうまくいかず、途中からクオリアに相談したのですが、出産までの時間がない中で、親身になって対応してくれて、とても満足のいく住まいができました。
実は、工事後に取り替えたばかりの風呂給湯器に不具合があり、メーカーでもなかなか原因がわからなかったのですが、クオリアのスタッフが何度も足を運んでくれて解決してくれました。
家づくりはできあがって終わりではないので、ずっと長い付き合いができる、そのような縁を見つけることが大切だと思っています。


top