東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

リノベーション事例

実例 スリリングで美しい映像を生み出す昭和とモダンが織りなす個性的な空間

クライアントは、演劇界で絶大な人気を誇る劇団の映像部門。スピード感あふれるスリリングなストーリー展開と美しい映像は、国内はもとより海外でも評価が高く、数々の映画祭で受賞しています。


それまでのオフィスが手狭になり、新たに物件を探し、選んだのは東京オリンピックが開催された1964年に建てられたヴィンテージマンション。
当時はアメリカの建築雑誌でも紹介された先進的なデザインの建物です。
ただ、室内は50年の時を経て老朽化していたため手を加えなければなりませんでした。


スタッフの希望は「オフィスらしくないオフィス」。そこで、新築当時からある障子や目透かしの天井など昭和の住まいの趣は生かし、モダンなデザインやインテリアを調和させることにしました。コンセプトは「昭和とモダンが織りなす空間」。


玄関から入るとまず印象的なのが、オープンスペースの中心にあるベンガラ色の和紙で囲われた円柱。これは共用部の縦管が通るパイプスペースで、もともとは四角く大きな壁で囲われていましたが、コンパクトな円柱にデザインを変え、オープンスペースのシンボルとして積極的に生かすことにしました。


既存のキッチンは部屋を完全に分断していたため、位置を変えて壁付けにし、回遊性があり広々とした使いやすいスペースを実現。ミッドセンチュリーデザインのミニキッチンを採用しています。


オープンスペースとミーティングルームの床は、グラデーションが印象的な和テイストのタイルカーペットを採用。周囲をダークブラウンのタイルカーペットで縁取って空間を引き締めています。照明やインテリアも、障子とマッチするデザインを選びました。


このオフィスでさらに特徴的なのが、ミキシングルーム。映像制作の要となるこのスペースは、床の鮮やかなブルーと天井のワインレッド、そして既存の障子を組み合わせた個性的な空間です。映像を編集する繊細な作業を行うため、カーテンは完全な遮光性を備えています。


今回、映像部門の移転を機に、あわせて既存のオフィスもミーティングスペースを拡張。クリエイティブなアイディアが湧き出るように、グリーンとパープルが色鮮やかなタイルカーペットを採用。ガラスパーテーションで仕切り、明るく開放的なスペースを実現しました。

日々、これらの空間からファンを楽しませる演劇や映像が生み出され、発信されていくのです。


top