東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

リノベーション事例

リノベーション実例 開放感あふれるイタリアンモダンの空間に生まれ変わったヴィンテージマンション

リノベーションを前提に築38年のマンションを購入されたご家族。六本木や麻布十番にほど近く緑もある閑静なヴィンテージマンションで、100㎡を超える広さが大きな魅力ですが、経年で老朽化が進んでいることと、半地下で暗く閉鎖的な雰囲気が欠点でした。


ご夫婦のお好みはシンプルで洗練されたモダンなテイスト。ディスカッションを重ね、機能的で無駄のないイタリアンモダンの空間を創ることに。


計画にあたっては、いったんすべて解体してスケルトンにし、配管・配線や断熱材などすべてを一新。ホワイトやベージュを基調にして明るいトーンでコーディネートしました。


空間の印象に大きな影響を持つ床は、イタリアの大判タイルを採用。磨きタイルの輝きが洗練された雰囲気を醸し出します。


LDKの折り上げ天井や玄関ホールの天井は265cmの高さに。間接照明の光も相まって開放感のある空間になりました。


ドアはすべて鏡面仕上げ。天井までの高さのハイドアがすっきりとした印象を与えています。


リビングの撤去できないパイプスペースは4面をミラーで仕上げ、空間のアクセントに変えるとともに、周囲に溶け込むようにデザインしました。


この家で存在感を放っているのが、料理が得意な奥様のご希望でオーダーした広々としたペニンシュラキッチン。扉の鏡面の木目と、天然水晶から造られたクランベリーソルト柄のカウンターが、キッチンを彩ります。


「バスルームに関しては、背が高いご主人様のご希望で180cmの大きな浴槽を選定。お子様と一緒でもゆったりと入浴することができます。壁や床は、コンクリートの質感をイメージしたイタリアの大判タイルで仕上げました。


サニタリーやトイレの家具は鏡面のダークブラウンで製作。ビアンコカララの大理石カウンターに、スクエアな洗面ボウルをダブルで配置しました。


寝室は落ち着いたトーンのカーペットとダークブラウンの鏡面仕上げのドアでコーディネート。寝室の一角にはご主人様のトレーニングスペースを設け、床をタイルで仕上げ、手すりも設置しています。


古くて暗く閉鎖的だった部屋が、イタリアンモダンの明るく開放的な空間に生まれ変わり、ご夫婦も「理想どおりの空間ができました」とご満足。家族で楽しく暮らす拠点にふさわしい住まいになりました。


top