東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

リノベーション事例

リノベーション実例 「スープの冷めない距離」に創りあげたシンプルでシックな夫婦の新居

同じマンションの隣り合う2部屋に住んでいたご家族。どちらもコンパクトな部屋のため、これまでは片方を日中過ごす部屋、もう片方を寝室と収納として使っていましたが、娘さんの結婚を機にリノベーションして、片方を親御さんと息子さんの部屋、片方を娘さんご夫婦の部屋として住むことになりました。


娘さんご夫婦のお好みは、シンプルでシックな空間。キッチンをオープンにすることと、親や兄弟が来てもみんなでくつろげる大きなダイニングテーブルを置きたいというご希望をお持ちでした。


元の間取りではキッチンが完全に仕切られていたため、スケルトンにしたうえでブロック壁を撤去し、洋室とダイニングとつなげて広々としたLDKに。


フローリングとドアはウォールナット、収納の扉にはホワイトオークをセレクト。ダークブラウンを基調としつつ、重たくならないようにホワイトを組み合わせてコーディネートしました。


娘さんが特に気に入っているのが、キッチンの腰壁にあしらった、釉薬と凹凸レリーフによる焼き物の味わい豊かなモザイクタイル。ダウンライトとスポットライトの照明の陰影が壁面を美しく彩ります。玄関ホールの壁面もタイルで仕上げ、家族の帰宅を華やかに迎えてくれます。


トイレのステンドグラスのペンダントライトは娘さんのセレクト。複雑に反射する光と影が印象的な空間です。


結婚後もまさに「スープの冷めない距離」に娘さんご夫婦が住むことで、お母様も大喜び。娘さん夫婦にとっても、リノベーションでイメージどおりの新居ができあがり、2部屋に分かれてもこれまで以上にみんなで仲良く過ごせそうです。


top