東京のデザインリフォーム、上質リノベーションならクオリア

リノベーション事例

実例 馬蹄形アーチとランプで彩られた魅惑的なモロッカンブルーの住まい

大好きなフクロウと住むことができるタワーマンションを購入したご夫婦。



どんな新居にしたいか、二人で決めたキーワードは「モロッカン」。モロッコは、多くの北アフリカの国々と同様、かつてフランスの植民地だった歴史から、ヨーロッパとイスラムの文化が融合し、異国情緒あふれる鮮やかな色使いや幾何学模様などが特徴です。



打ち合わせを重ね、テーマカラーとして選んだのは「モロッカンブルー」。モロッコではシャウエンが「青い街」として世界的に有名ですが、二人の新居もブルーとホワイトを基調にコーディネートすることにしました。



玄関から廊下の床とリビングダイニングの壁際の床は自然色の水色のタイル、キッチンの床は地中海を思わせるブルーのタイルで仕上げました。キッチンのモザイクタイルも水色とアースカラーの組み合わせです。
ドアはすべてナチュラルな水色に塗装、リビングにもターコイズブルーの壁紙を用いました。カーテンやファブリックもブルーでコーディネートし、魅惑的なモロッカンブルーの空間ができあがりました。



随所に取り入れた馬蹄形アーチのデザインも、北アフリカらしい空間を演出しています。
リビングには躯体の梁を利用してアーチを造作、ブルーのガラスランプと観葉植物、アンティーク調の家具がターコイズブルーの壁を引き立てます。
リビングダイニングの入口には幾何学模様の装飾ガラスが美しいトップオーバルドアを採用。馬蹄形アーチを平行に押し出した廊下のヴォールト天井も、モスクの回廊や洞窟のような雰囲気を醸し出します。



それぞれの空間に華やかさを添えるのが多彩なデザインのモロッコランプ。クオーツストーンのカウンターが美しいキッチンとデスクには光沢のある華やかなメタルシェード、廊下にはガラスシェード、寝室は落ち着いたアイアンフレームと、シーンに合わせたランプをセレクトしました。



「二人で「モロッカン」とテーマを決めたものの、具体的にどうすれば良いかわからなかったのですが、次々と提案される引き出しの多さに驚きました」「広いウォークインクローゼットや使いやすいパントリーなど、間取りも使いやすく理想的になりました」とご夫婦。
かわいいフクロウと楽しい毎日を過ごすことができそうです。

top